【読書日記】向田邦子 思い出トランプ

向田邦子さんといえば昭和を代表する
ドラマの脚本家のイメージが強いかな。
「時間ですよ」、「寺内貫太郎一家」とか。
TVドラマは見たことがないだけど
読書好きの母が向田邦子さんの本を読んでいて
中学生か高校生の頃読んだ記憶があります。

だいぶ前に本屋さんで
「向田邦子フェア」をやっていて
なつかしいなーと思って手に取りました。
そのままつんどくになってましたが
最近犯罪小説ばかり読んでいて
ちょっと食傷気味だったので
気分を変えるために読みました。

浮気の相手であった部下の結婚式に、妻と出席する男。
おきゃんで、かわうそのような残忍さを持つ人妻。
毒牙を心に抱くエリートサラリーマン。
やむを得ない事故で、子どもの指を切ってしまった母親など――
日常生活の中で、誰もがひとつやふたつは持っている弱さや、
狡さ、後ろめたさを、人間の愛しさとして捉えた13編。


気分を変えるために読んだんだけど
思い出すと小さな棘が刺さるような
過去の後ろめたいことが思い出されて
読んだ後、いやーな気持ちに(笑)



次は、読了爽やかなエッセイにしよう。



残すところ今年もあと1ヶ月。
オリンピックがあったのが遠い昔のよう。
我慢の年でしたが、このまま感染が落ち着くといいな。

お読みくださり、ありがとうございました!

にほんブログ村 インテリアブログへ

ネコとおひとりぐらし

コメント

タイトルとURLをコピーしました