大事にしている朱色の漆器。

キッチン

会津塗りの小皿。
繊細な絵付けと鮮やかな漆。
持っている器で一番高価なもの。
購入するのに3時間くらい悩みました。
もったいなくて一度も使ったことがありません。。。

北欧の食器や作家さんの器を集めていますが
器好きになったきっかけが漆器。
実家がある地方は漆器の名産地で
15年くらい前に帰省した時に
駅前のお土産屋さんで買ったお菓子鉢が漆器にハマったきっかけ。

実家で漆器を使うのはお正月だけ。
丁寧に洗って、何度も乾拭きをして薄紙に包んで。
お手入れが難しいと買うのを躊躇したのですが
お店のかたが、普通の食器と同じ扱いでOK。
漆が落ちてきたら、塗り直しができると聞いたので
当時の自分にとってはすごく高価なものだったんですけど
思い切って購入。

梅型菓子鉢

漆 菓子鉢

はじめての漆器は
20年くらい前に、実家に帰った時に買ったもの。
駅前でフラーと立ち寄ったお土産やさんで
一目ぼれした梅型の菓子鉢。
とーっても気に入ったんですが
若かったので、食器やインテリアにお金をかけられず
2〜3日悩んで悩んで清水買いしました。

漆 菓子鉢 梅

漆特有のキレイな朱色。
深さがあるので、ポテチやポップコーンも
1袋余裕でおさまります。


漆 菓子鉢 ソフトサラダ

陶器と違って
木と漆の温かみがあって
わが家のちゃぶ台によく似合う!


買って15年くらいなので
黒の漆がちょっとくすんできましたが
ずーっと使えるものだと思っています。

朱色の盛り鉢

漆器 ジョージジェンセン RAIN ティータオル

こちらもお気に入りの平鉢。
鮮やかな朱色と丸みがお気に入り。
お刺身を盛るとものすごく映えます〜。

漆 朱赤 チョコレート ルック

スーパーで買ってきたおやつも
漆の器に入れるだけで、おめかし。



漆の器にはまってから
普段使っている食器も少しずつ
こだわるようになりました。



昨日の東京の雪はすごかった。
今朝も窓から見える景色はまっしろ。
小学生の姪が雪の中を走り回ってる
動画を送ってくれました。
いやー。子供は元気だね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

にほんブログ村 インテリアブログへ

キッチン和の器
ネコとおひとりぐらし
タイトルとURLをコピーしました