【読書日記】火喰鳥 羽州ぼろ鳶組

文庫化されると買っているシリーズ。
今村翔吾さんの羽州ぼろ鳶組。

年末年始はおうちでおこもりなので
全巻読み返して見ようと思い、先ほど「火喰鳥」読み終わりました。

あらすじ

かつて、江戸随一と呼ばれた武家火消がいた。その名は、松永源吾。別名、「火喰鳥」――。しかし、五年前の火事が原因で、今は妻の深雪と貧乏浪人暮らし。そんな彼の元に出羽新庄藩から突然仕官の誘いが。壊滅した藩の火消組織を再建してほしいという。「ぼろ鳶」と揶揄される火消たちを率い、源吾は昔の輝きを取り戻すことができるのか。

読み終わって

何年かぶりに読み返したけど、やっぱりよかった!
貧乏な藩の火消し組織で、衣装や設備がボロボロだから「ぼろ鳶組」
最初はそんな自分たちを恥じて、俯いていたけど
活躍するにしたがって
仲間の結束がかたくなり、周りが見るめも変わってくる。
登場人物がみな丁寧に描かれているので、思わず感情移入してしまいます。
とくに主人公の奥さんが最高です!



にほんブログ村 インテリアブログへ

ネコとおひとりぐらし
タイトルとURLをコピーしました