読了スカッと爽やかな小説とほっこり漫画

週末は運動不足解消のため
なるべく長時間歩くようにしてます。
夏日のようだった土曜日
少し歩いたら、体がだるくて、だるくて。。。
すぐに帰宅。
季節の変わり目、特にこの時期は
いつもこうして体の調子が悪くなります。。。


無理せずおうちにこもり
読書三昧となりました。
本の中だけだと思っていた残酷なことが
ニュースやSNSでリアルタイムで流れてくるので
殺人のシーンが多いミステリー小説は
最近読みたくなくてお休み中。

羽州ぼろ鳶組

今年「直木賞」を受賞した今村翔吾さんの
羽州ぼろ鳶組シリーズ。
先日新刊の外伝を読んだら
久しぶり読み直したくなりました。


一番好きなのは4冊目の「鬼煙管」
結末がわかっていても
涙なしには読めません。

1冊ずつ丹念に登場人物の背景や
活躍を描いていて
どの登場人物にも感情移入してしまう。

人を救うため、火を消す。
そのためにはお上にだって逆らっちゃう。
とにかく登場人物が好漢揃いでかっこいい!

ねことじいちゃん

ひとりぐらしのおじいさんとねこの
島で暮らす日常。
水彩画のような優しい絵と
ねこを飼ってる人ならクスリと笑ってしまう。
ねこの仕草。
平和な日常。

動物写真家「岩合光昭」さん監督で映画化。
漫画の優しい世界がそのまま再現されていて
ねこちゃんの演技も上手でした〜。

東野圭吾|新参者

久しぶりに読み返した「新参者」
大好きな加賀恭一郎シリーズ。
殺人の捜査が発端ですが
読み終わった後心が温かくなります。

王様ベッドでお昼寝

しもべもずっとごろごろしてたけど
王様ハルも寝てる時間が多いのねー。
そろそろ母に送ってもらった
カインズのうすくてあったかい毛布を
しまいたいけど
こんなに気持ちよく寝てるなら
もう少し出しておこう。


最後までお読みくださり、ありがとうございます!

にほんブログ村 インテリアブログへ

ネコとおひとりぐらし

コメント

タイトルとURLをコピーしました