ハルのキャットタワー

ハル オス スコティッシュフォールド

ハルはスコティッシュフォールド
男の子でもうすぐ6歳になります。
スコティッシュフォールドなのでまん丸顔。
実はびっくりするくらい小顔。
耳はぴーんとしています。


キャットタワー 杉にゃんねこタワー 突っ張りタイプ

ハルの朝の日課は
キャットタワーの高いところから
近所をパトロールをすること。
30分から1時間くらい飽きずに
ずーっと外を見ています。


しもべはそっと見守っておりますが
ネコの後ろ姿って
むくむくしていて
ちょっとたよりない感じが愛おしいですよねー。


鳥が近くに飛んでくると
カカカと言ってます。

ネコのクラッキング
狩りの対象である小動物を見つけたものの
それを見過ごさざるを得ないというジレンマが
クラッキングとして表れている可能性が高いのです。

みんなのペットライフ


キャットタワー 杉にゃんねこタワー 突っ張りタイプ

パトロールに疲れると
そのままゴロン。


キャットタワー スコティッシュフォールド

顔としっぽと片足がはみだしていて
とっても居心地悪そうなんですが
本人はいたって居心地良さそうです。


このキャットタワーは
ハルがおうちに来たときに、お迎えしたもの。
天井まで突っ張るタイプ。
おひとりぐらしでも楽々設置できました。
ハルは体重が5kgなので
ちょっと大きめなんですが
板が大きいので、なんとか体がおさまってます。


おうちに来るとみんな
キャットタワーの大きさにびっくりしますが
買ってよかったなーと思います。


同じものはもう売っていませんが
いろんなタイプのキャットタワーを売ってます。
塗装していない杉の木からできています。



昨日のハルのおトイレは小2回、大1回。
リビングに床暖房を入れるようになってから
鼻が出ることもなくなりました。


Instagramで2週間くらい前に
ひどいケガで保護されたネコを追っかけてます。
顔に思わず目をそむけてしまうほどの大ケガ。
こんな状態でよく生きていたなと。
でも、保護されてから
ごはんをモリモリ食べて
献身的なお世話で
よくなっていく様子を楽しみにしていたんですが。。。

少し前からごはんを食べなくなり
それでも名前を呼ぶと
しっぽをふる健気な子。
顔の大ケガはがんだったそうです。。。
保護団体の方が交代で泊まり込みをして
献身的にお世話をされていたんですが
昨日の夜お空へ帰ってしまいました。

とっても悲しくて。。。
寝る直前に見てしまったので
目がピカっと冴えてしまい、なかなか眠れませんでした。
あんな大ケガで寒いお外でよく頑張りました。
最後に暖かいところで
おいしいごはんを食べて
優しい人たちに囲まれて
1人でなくてよかったなって思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

にほんブログ村 インテリアブログへ

ネコとおひとりぐらし

コメント

  1. ふくにゃ より:

    わあ今日は可愛いハルさん大特集で癒されます♪
    暖房問題も解決で良かったですね!
    投薬は相変わらず苦戦されてるんですね…。そういえばうちの子はちょっとボーっとしたところがあるので追いちゅーるせずとも薬飲んでくれてました。ハルさんは敏感で賢い子なんでしょうね (;´・ω・)でもちょっとずつ体調も良くなっているようで良かったです!

    お外からの保護猫さんは辛い境遇のケースが結構あって胸が痛みますね 涙
    でも本当にその子も最後が一人でなくて良かったと思います。

    • あきぶく より:

      読み返したら誤字脱字、意味不明な箇所が多くてお恥ずかしいです!!
      床暖房、ハルはフローリングにお腹をぺったり着けてあったかそうです。

      投薬はハルはごはんをよくこぼすので、食べ方が下手なのかも。
      飼い主もあせって薬を飲ませなければと思うので
      お薬のあげ方が下手なのかも。。。

      おうちにいる子もお外にいる子も、どの子も幸せになってほしいですよね。

タイトルとURLをコピーしました