本屋さんは心のバロメーター。

小川糸 たそがれビール

子供の頃から本が好き。
とにかく読む量が多いので
お金もかかるし、場所もとるしで
本は図書館で借りてました。


最近、電子書籍で本を読むことが多くなったので
図書館に通いはほぼなくなり
紙の本は電子書籍にないもの
離れて暮らす本好きの母に送るために買ってます。


紙の本も最近はネットで買えて
おうちまで配送してくれるので
本屋さんに行く回数も昔と比べると
少なくなったけど
今でも本屋さんに行くのは楽しみの一つ。


本屋さんに行くのが楽しみは
広い広〜い本屋さんで
ずらーっと上から下まで並べられた本を眺める。
まずこれだけで豊かな気持ちになります。
ぶらぶら書棚から書棚に移動して
膨大な本の中から
知らなかった作家さんの面白そうな本を見つけたときは
ほんとうれしー。


本屋さんで本を探すのって
けっこうエネルギーがいると思うんです。
たくさんの本から気になったものを手に取って
裏表紙のあらすじを読んで
ぐるーっと一回りして
頭の中で気になった本の取捨選択。
時間と自分の気持ちに余裕がないと
じっくり本を選べないし
そもそも本屋さんに行こうって気持ちにならない。

だから本屋さんに行こうかなって思った日は
自分の気持ちが安定していて
余裕があるってこと。


1ヶ月ぶりに最近お気に入りの本屋さんへ
小説を買うことが多いんですが
今回買った3冊は
どれも心に沁みそうなお話。
そんな本を選ぶのも
自分がなにか求めてるんだなーと思います。

今回買った3冊。
ツンドクがたまってきました。
おうちにまだ読んでない本がある幸せ。
あ、早く読んで母に送ってあげないと。

昨日は久しぶりの出社。
電車も人がだいぶ戻っていましたが
会社近くの居酒屋、帰りに飲んで帰る人はまだ少なそう。
忘年会シーズンになりますが
今年も引き続き会社の飲み会はないそうです。
昔っから会社の飲み会が苦手。


海外の小説を読んでいると
プライベートを大事にしていて
会社での飲み会なんて全くなくて
うらやましいなとずっと思ってました。


コロナで
日本では普及に時間がかかるだろうと
言われていたテレワークも日常になり
働き方もどんどん変わっていきそうです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

にほんブログ村 インテリアブログへ

ネコとおひとりぐらし

コメント

タイトルとURLをコピーしました