読書日記|上橋菜穂子 鹿の王。続編も気になる。

鹿の王

以前読んだ「獣の奏者」が面白かったので
2015年に本屋大賞をとった「鹿の王」がずっと気になっていたのですが
勝手に鹿が主人公だと思い、手を出さずにいただのですが
文庫版(1〜4巻)読み終わりました。

強大な帝国・東乎瑠から故郷を守るため、死兵の役目を引き受けた戦士団“独角”。妻と子を病で失い絶望の底にあったヴァンはその頭として戦うが、奴隷に落とされ岩塩鉱に囚われていた。ある夜、不気味な犬の群れが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生。生き延びたヴァンは、同じく病から逃れた幼子にユナと名前を付けて育てることにする。一方、謎の病で全滅した岩塩鉱を訪れた若き天才医術師ホッサルは、遺体の状況から、二百五十年前に自らの故国を滅ぼした伝説の疫病“黒狼熱”であることに気づく。征服民には致命的なのに、先住民であるアカファの民は罹らぬ、この謎の病は、神が侵略者に下した天罰だという噂が流れ始める。古き疫病は、何故蘇ったのか―。治療法が見つからぬ中、ホッサルは黒狼熱に罹りながらも生き残った囚人がいると知り…!?

たったふたりだけ生き残った父子と、命を救うために奔走する医師。生命をめぐる壮大な冒険が、いまはじまる―!

amazon

疫病に立ち向かう医師と助手に
今のコロナと重なるところがあって
文庫本4冊があっという間に読み終わりました。

権力者の立場と思惑が複雑に絡まりあって
病を利用しようとする。
いちばん被害を受けるのはいちばん弱い人たち。

本屋大賞をとっているだけあって
とても読み応えがありました。

鹿の王|続編

医師と助手のその後の物語。
私はもう1組のその後のほうが気になるなー。

お読みくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 インテリアブログへ

ネコとおひとりぐらし
タイトルとURLをコピーしました