猫を飼う後押しになった本 角田光代 今日も一日きみを見てた

ひとりぐらしをはじめてからずーっと飼いたいと思っていた猫。
実家は動物嫌いのおばあちゃんがいたので

いままでペットに接したことがなく
いままでお迎えした観葉植物をすべて枯らしてしまったわたし。
当然、家族や友人も大反対。
ちゃんと責任を持って飼えるのか自信がありませんでした。

そんな時に出会った 角田光代さんの「今日も一日きみをみてた」


角田さんが初めて飼った猫のトトとの生活がかかれています。
お世話のこと。心配なこと。嬉しいこと。
トトへの愛があふれた文章で綴られています。

この本が読んでいなかったら、ハルを飼っていなかったかもしれない。

角田さんが、猫を飼いはじめてから自分が変わったと言っていましたが
本当にその通りで、猫を飼うまではだらしない生活をしていたのですが

ハル中心の生活になりました。

ただいてくれるだけで癒してくれる存在。

こうして書いているだけで、涙がでそう。

■紙の書籍

今日も一日きみを見てた【電子書籍】[ 角田 光代 ]

■電子書籍

にほんブログ村 インテリアブログへ

ネコとおひとりぐらし
タイトルとURLをコピーしました