【読書日記】死んだレモン(フィン・ベル)

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

数年前の雑誌の書評がよくて
数年前から
ずっと気になっていた「死んだレモン」
タイトルが忘れられなくて
本屋さんで見かけた時に買いました。


気になっていた「死んだレモン」の和訳は
人生の落伍者。
自暴自棄になり自動車事故で下半身付随になり
一人になって、誰も知らない田舎に引っ越し
そこで過去の事件を調べるうちに
住民の過去や隣人の秘密が明らかになっていきます。


現在と過去が交互に進んでいき
現在の冒頭から主人公が絶体絶命の状態で
主人公がどうしてそうなってしまうのか
気になってどんどん読みすすみ
最後は意外な幕引き。


久しぶりに面白い本に出会えました。



年末年始はゆっくり本をたくさん読もう!
と思っていたんですが
おひとりぐらしといえど
師走はそれなりにバタバタし
年が明けてからもなんだかんだとやることがあって
あまり本は読めませんでしたが
ゆっくりぼちぼち読むことにします。

お読みくださり、ありがとうございました!

にほんブログ村 インテリアブログへ

スポンサーリンク

PVアクセスランキング にほんブログ村

ネコとおひとりぐらし

コメント